2006年08月19日

スワン横田(唄)

「バオバブの樹の下で」 作詞:カツ岸 作曲:スワン横田
スワン横田、カツ岸、ミチ佐藤で結成されたカピラマイスターズのアルバム『バオバブの樹の下で』の1曲目であり、タイトルナンバーでもある作品。


「リトル・ジプシー・ボーイ」 作詞:カツ岸 作曲:スワン横田 ミチ佐藤
ミチ佐藤がグループ内で能力を発揮しだした頃の作品。オックスの「真夏のフラメンコ」から影響を受けたイントロがカッコイイ。サビはミチが作った。


「サブウェイ・チャイルド」 作詞:カツ岸 作曲:スワン横田
レコーディングにシーケンサーを使用した最も古い作品。でもシーケンサーはまだストリングスアレンジにしか使用していない。


「Nothin' To Lose」 作詞:ミチ佐藤 作曲:スワン横田
ビーイング風の楽曲を作ろうということで、かなりふざけた楽曲になったが、若い人には結構人気がある1曲。


「プルトニウム・ガーデン」 作詞:カツ岸 作曲:スワン横田
題名からしてカツ岸の才能爆発だが、曲調はウエストコーストロック。間奏はビル・ペインのピアノとローウェル・ジョージのスライドギターみたいに作った。


posted by スワン at 11:04| Comment(2) | TrackBack(0) | スワン横田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「スワンの涙 4」開設おめでとうございます♪

プロデューサー兼シンガー・ソングライターすべてやってしまうスワンさんってホントすごいですねっ!

まだ全部を聴いてないのですが(すみません)、「プルトニウム・ガーデン」、ウエスト・コースト・ロック好きにはたまらないしんみりとしたナンバーで、何回もリピートして聴いてます。(^^)
Posted by BYRD at 2006年08月21日 20:33
BYRDさん、初コメントありがとうございます。
「プルトニウム・ガーデン」はニール・ヤングとリトル・フィートのサウンドですから当然西海岸サウンドなわけです。引用とも言いますが。(^^)
Posted by スワン at 2006年08月22日 08:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。